バナー

美容外科の二重まぶたとまぶたのたるみ除去施術

美容外科の施術で特に人気を集めているのが、二重まぶたです。


二重のラインが目をパッチリと見せるのに役立つとあり、その美しさを求めて施術を受ける人が、女性を中心に多く存在します。



これと同時に、上まぶたのたるみを除去する施術も、美容外科で人気となっています。

@niftyニュース情報を豊富に提供しています。

二重まぶたと、まぶたのたるみ除去は一つの施術内容で同時に行えることがあります。
美容外科の二重まぶた施術には、大まかに分けて埋没法と切開法の2種類があります。

埋没法はメスを使わずに、特殊な糸を縫いつける方法で、料金が安く済むため、非常に人気があります。

しかし、上まぶたのたるみ除去には、あまり有効であるとはいえません。

名古屋の美容外科情報はこのサイトにおまかせ下さい。

同時に上まぶたのたるみを解消したいなら、切開法が適しています。切開法は、二重まぶたのラインにそって、メスを入れていく方法です。

この時に、まぶたのたるみの原因となる脂肪を吸引することで、すっきりとしたまぶたを手に入れることが可能です。ですが、あくまでも二重まぶたのついでに効果が得られる施術内容ですから、より自然にたるみを除去したいのであれば、眉毛に近い場所を切開する方法を用いるのが有効です。

眉毛付近を切開する方法は、比較的人を選ばないというメリットがあります。

多くの人が施術効果を得られやすいため、満足のできる理想的な容姿を手に入れられます。


ただし、切開の仕方によっては傷痕が残りやすい問題があります。

傷痕が残りにくい、特殊な技術を用いる美容外科に頼ると安心です。